【映画】CSMオーズドライバー販促映画を観てきた!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

オーズの感想

先週末から公開中の映画「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FINAL ビルド&エグゼイドwithレジェンドライダー」を観てきました。

ほぼオーズの感想です。

※ネタバレ注意

最初に言っておく、

私は鎧武以降のライダーを観てないにわかクソ野郎なのでビルドとエグゼイドのパートはあんまり集中して観ていない。

というか、割りと序盤に天地グルングルンのカメラワークがあったせいか

盛大に画面酔いしてました…

映画館で買ったゴディバの甘ったる〜い飲み物の胃もたれの相乗効果で気持ち悪くなりながら観てました…(買うなよ…600円もするのに残したし…)

そんなわけでビルドとエグぜイドが並行世界の衝突を阻止するために活躍するお話。

2つの世界が衝突すると世界は消滅するけど黒幕の大槻ケンヂは両方の世界にいるから大丈夫らしい…ちょっとシナリオの大筋はうろ覚え。

エグぜイド時空に飛ばされたビルドの2号ライダー万丈くん。

ケガ人であふれる病院で「壁がない!」とか叫んで周り困惑。空気ヒエヒエですよ神…ドライバーのせいでビルドと勘違いされてるし…

いろいろピンチで地割れに巻き込まれ、落下寸前のバンジョーくん。

そこで現れたのが我らがレジェンド無職ライダー「火野映司」!

彼も世界の危機を察知し、独自に動いていたとのこと。

映画本編北!そして先輩らしく自己紹介し放った一言、

オエージ「財団Xって奴の仕業なんだ」

財団X!生きとったんかワレ!いつまで引っ張るんじゃ!

でも便利だよね財団X。

こっちの世界の大槻ケンヂの元に向かう一行。

道中、なにやらヒーローとしての在り方にモヤモヤしているバンジョーくんに「そのうちわかるさ」というようなふわっとしたアドバイスができるオエージ先輩。

新米ライダーである彼の「何のために命は賭して戦うのか」というのが今回のテーマの一つだったようです。関係ないけど万丈くんの俳優さん、ウィザードの白石隼也くんに似てませんかね?

そしてテンション高い方の大槻ケンヂとご対面。

彼が出してきた手下は、なんとグリード!

財団Xの技術力によって創り出された「コアメダル」によっておなじみのウヴァさんたちと再会。

そして、アンク。

偽物のアンクだとわかっていても本気で戦えない映司くんは防戦一方。

しかし、そのときふしぎな事が起こった

彼が持っていた割れたタカメダルに残っていたアンクの魂の残滓が偽アンクに憑依し、復活!

このツーショットはやっぱり最高ですね。観に来てよかった。

久しぶりの変身。感極まったのかモーション溜める溜める

追い詰められた大槻ケンヂはビルごと爆破しますがフォーゼが助けに来てくれました!福士蒼汰くんのリーゼントがまたみられるとは思わなかったぞい。

その後は他のレジェンドライダーたちの「ここは俺にまかせて先にいけ」展開でビルドとエグぜイドがメインで大槻ケンヂを打倒します。(割愛)

鎧武も観られて嬉しかったけど、出番的にはちょっと地味でしたね。佐野岳くんが客演してくれただけで文句はないけれど。

終盤、オーズパートでアンクが自身のコアメダルを映司くんに渡し、タジャドルコンボへ。オーズ最終回の再現。

戦いの後、アンクに約束のアイスを渡し、また別れの時。

後には割れたタカメダルだけが残されました。アンクの姿は消えても、いつまでも彼の魂はここに残っているのでしょう。

オーズの物語はほんとにこれで完結。という感じがしました。

それが嬉しくもあり、寂しくもある。

映司とアンク、この2人の関係が本当に好きでした。

オーズファンにとっては満足できる映画。

さて、CSMオーズドライバーを買いましょう。

ありがとう、財団B。

COMPLETE SELECTION MODIFICATION OOO DRIVER COMPLETE SET(CSMオーズドライバーコンプリートセット)【2次:2018年7月発送】

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。