映画「カメラを止めるな!」感想

映画

(©『カメラを止めるな!』ENBUゼミナール)

 

こんにちは、どれいです。

ようやく話題の「カメラを止めるな!」を観てきたので、その感想をば。

 

「カメラを止めるな!」あらすじ

 

とある自主映画の撮影隊が山奥の廃墟でゾンビ映画を撮影していた。​本物を求める監督は中々OKを出さずテイクは42テイクに達する。そんな中、撮影隊に 本物のゾンビが襲いかかる!​大喜びで撮影を続ける監督、次々とゾンビ化していく撮影隊の面々。
”37分ワンシーン・ワンカットで描くノンストップ・ゾンビサバイバル!”……を撮ったヤツらの話。

INTRODUCTION
監督&俳優養成スクール・ENBUゼミナールの《シネマプロジェクト》第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、...

いわゆる劇中劇。

ゾンビがでてくる映像作品を撮ってる人たち…を撮ってる人たち…のお話。少しこんがらがってきますね。

 

(ネタバレされたら)いかんのか?

(©『カメラを止めるな!』ENBUゼミナール)

 

話題作なのでタメになる感想を書いている人は山ほどいると思うので、自分は見出しの件についてのみ。

 

「感想」ってあるエントリーを見に来て「ネタバレだ!」ってキレる人もいないかと思いますが、今作の盗作疑惑が某局のニュースで取り上げられた際にご丁寧に比較用のあらすじを載せてくださったことがあったんですよねえ…。

 

朝のニュース番組観てただけで映画のネタバレ喰らうとか予想できないじゃないですか。なので、ちょっと観る前にテンション下がり気味だったんですが、実際劇場に行ったら大した問題じゃなかったことがわかりました。

 

某局の某番組を擁護するつもりはないんですが、というかフツーに無神経だとは思いますが。お前だよ、め○ましテレビ。

 

それは置いといて、ミステリーの犯人だとか、ヒロインが最後に死ぬだとかいう類のネタバレになりそうな要素自体があまり無かったです。

ぶっちゃけ三谷幸喜よろしくのコメディ映画なので、役者さんの演技力だとか演出、要するに映像としての魅せ方が楽しい作品。

 

自分はなるべく情報を入れないようにしていったので、そもそも映画のジャンルを勘違いしていたんですね。こう、なんというか「パラノーマル・アクティビティ」のような一風変わったホラーなのかと。ごめんなさい知ったかでしたパラノーマル・アクティビティ観たことありません。とにかくホラーだと思っていたらコメディだったのが意外性があってよかったですね。

 

そんなわけで、これから観る方にはネタバレとかあんまり気にしないで楽しんでもらいたいです。

 

僕から以上!

コメント

タイトルとURLをコピーしました