映画「謝罪の王様」/「ミックス。」感想

映画

 

こんにちは、どれいです。

 

映画は映画館か配信サービスで観ることが多くなってますが、久しぶりにTV放送の映画を観たのでその感想をば。「謝罪の王様」と「ミックス。」

 

「謝罪の王様」感想

 

依頼者たちに代わって謝ることで、彼らが抱える多種多彩なトラブルを収束する東京謝罪センター所長、黒島譲(阿部サダヲ)。ヤクザの車と追突事故を起こし、法外な賠償金の支払いを迫られていた帰国子女・典子(井上真央)は、彼に助けられたのがきっかけでセンターのアシスタントとなる。二人は、セクハラで窮地に陥った下着メーカー社員の沼田(岡田将生)、あるエキストラの起用で外交問題を起こしてしまった映画プロデューサー・和田(荒川良々)など、さまざまな顧客に降り掛かる問題を謝罪で解決していく。

謝罪の王様 (2013):あらすじ・キャスト・動画など作品情報|シネマトゥデイ
『舞妓 Haaaan!!!』『なくもんか』に続いて、水田伸生、宮藤官九郎、阿部サダヲの監督・脚本・主演トリオが放つ異色のコメディー。

 

「舞妓 Haaaan!!!」や「なくもんか」の宮藤官九郎と阿部サダヲのコンビ映画。「なくもんか」の後半の迷走と失速っぷりが強烈だったので不安だったのですが見事に的中。「謝罪」という新鮮なテーマや、阿部サダヲの個性が活きていて冒頭のつかみは抜群なのになんでオチが異国の地で「腋毛ボーボー自由の女神!」なんだよ…。夜中に飲み会でバカ騒ぎしながら身内だけで「コレ面白くね!?」と盛り上がったとしか思えないネタで締めるとか正気とは思えない。「バクマン。」でいう“シリアスな笑い”は狙っても寒いだけなのだという典型。阿部サダヲが謝罪ビジネスを始めるキッカケのエピソードもチグハグでそこに至った理由に全然共感できない。最初は店側に落ち度があったとしてもあそこまでいったらただのめんどくさいクレーマーじゃないか。高橋克典と松雪泰子夫婦の息子が傷害事件を起こした原因のエピソードはグッときた。時系列を前後させてオムニバスをつなげていく演出は良かった。後半の脚本は最低。腋毛ボーボーはオムニバスエピソードの一つなら笑えたけど、それで最後まで押し切れる力は無いと思う。

 


謝罪の王様

 

「ミックス。」感想

 

幼いころには天才卓球少女として名をはせた富田多満子(新垣結衣)は、恋愛と仕事に挫折して帰郷する。亡き母が経営していた卓球クラブは赤字に陥り、活気もなく部員もさえない面々ばかり。しかし多満子は、クラブを再建し自分を捨てた元恋人ペアを倒すため、元プロボクサーの萩原久(瑛太)とペアを組み、全日本卓球選手権の混合ダブルス部門に出場することを目指す。

ミックス。 (2017):あらすじ・キャスト・動画など作品情報|シネマトゥデイ
テレビドラマ「リーガルハイ」の脚本家・古沢良太と石川淳一監督が再び組んだロマンチックコメディー。

 

「ガッキーは可愛いなあ」だけで結構底上げされてしまうある意味ズルい映画。ズルい女。人間関係の裏切ったり裏切られたりが多いのでコメディ映画としては少々いかがなもんかと思う。娯楽映画って落ち込んでる時に元気もらうために観る人も多いと思うので恋人を寝取られた経験のある人なんかは逆に傷を抉られるかも。仮面ライダーキバが浮気現場を抑えられるようでは世も末。お相手の永野芽郁さんは朝ドラで旦那に捨てられてるから妙な因果応報。ガッキーが可愛いので観たほうが良いです。(適当)

 


ミックス。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました