【FGO】武蔵ちゃんとの旅が終わった…

スポンサーリンク
レクタングル(大)

武蔵ちゃんとの旅が終わった

http://news.fate-go.jp/2017/7kengou/

タイトルの通り、Fate/Grand Orderの新章「亜種特異点Ⅲ 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」をクリアしました。

あんまり詳しくは言いませが、一応 ネタバレ注意。

和鯖好きにはたまりません

私は日本史に詳しいわけでもなんでもありませんが、

日本の英雄が大好きです(●´ω`●)

特に漫画「バガボンド」を読んでいた身としては宝蔵院とか聞くと興奮します。

そういえば、今は農業漫画になってるんでしたっけ。

1.5部はFateおなじみの真名隠しがありますが、

一部は最初から公式に真名を出してますね。

宝蔵院胤舜(ランサー)星3サーヴァント

先入観で

「ソエエエェェええええ!!!」

とか言うかと思ったんですけど、そういうキャラじゃなかったですね。

物語冒頭で良き仲間として現れましたが、

敵の妖術師に魔改造されちゃいました。

まあ、そもそもそのために呼ばれてたわけですが…

いいヤツな彼をみた後だと、

闇ヲチした彼の残虐さが際立ちますね。

HOT LIMIT

真名は書きませんが、私はこの方を結構待ッテマシタ!

バビロニアで賢王が敬意を払った女傑ですね。

武蔵ちゃんはお正月に引いてますが、

インフェルノさん目当てでガチャを回そうか迷ってます。

あっちこっちで言われてるので今更ですがTMRの方みたいですね。パライソさん。

おなじみの鬼さん怖杉内

シルエットだけ出てましたけど、

見間違うこと無い和鯖2人がおるじゃないですか!

まあ、ウチにはママの方はいないんですけど…

頼もしい味方は恐ろしい敵になるんですねえ。

この「英霊剣豪システム」は元の人格は死んでて、

身体がの持ち主の意思とはあまり関係のないらしいですが、

この2人はでしたね。

特に酒呑童子は本来の酒呑童子はこういうモンなんだろうと感じた次第です。

むしろ納得。

それを感じさせる主人公とのエピソードがあるので。

英霊剣豪たちは消滅時に立ち絵が独自と消え方をするんですが、

酒呑童子はいつもの英霊消滅と同じ演出なんですよね。

だから、酒呑ちゃんだけはカルデアの酒呑童子そのものに近いんだろうと思います。

今度は君が爺さんと呼ばれるか

出ましたね。

出ましたね。

イシュタルが出るまでは長かったのに、2人はほぼ同時期にきました。

今のところはプレイアブルキャラとしての実装はありませんが、

時間の問題でしょう。

陣地作成持ちのセイバーかあ。

Arts宝具持ち…ではないかもな。

とにかく実装が楽しみです。

私はノンケです。

宮本武蔵、空に至る

ラスボスとして出てきた

セイバー小次郎

今回はタイマン縛りがあったせいか、

戦闘としては難易度は高くありませんでした。

しかし、実力が数倍上の小次郎に対し、

覚醒した主人公補正アリアリの武蔵ちゃんは勝利を納めます。

強さを目指す宮本武蔵の旅が終わった瞬間でもありました。

モノローグのみの男武蔵はどう絡むのかと思ってたんですが、

予想を裏切られました。

今回の個人的ハイライト。

シリアスなシーンなんですが、成敗にブレイクってルビがちょっと面白かったです。

そんなわけで無事クリア。

日本が舞台のお話で、好きなキャラが多数出演でとても楽しめました!

1.5部も残すところあとひとつですねえ

その前に今月のハロウィンイベントに期待しましょう!

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。