メルカリに出没する「即決可能マン」とは?

こんにちは、どれいです。

現在はメルカリはほとんど放置状態で、コメントや購入があれば対応する程度です。

で、そんな中でちょこちょこ現れる「即決可能マン」に嫌気が差してきたので愚痴らせてくださいな。

フリマアプリ「メルカリ」。ご存知のアプリで私が出遭った話の通じない購入者との死闘の記録を書いています。
フリマアプリ「メルカリ」の体験談。あるあるネタをまとめました。今回は主に奇天烈な値切りをしてくる人々にスポットを当てています。
フリマアプリ「メルカリ」の体験談。あるあるネタをまとめました。今回は勘違い出品者にスポットを当てています。
フリマアプリ「メルカリ」の体験談。あるあるネタをまとめました。今回は主に誰しもが気にする「評価」にスポットを当てています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

そもそも即決ってなんだ?

この「即決」という言葉ですが、そもそもはヤフオク発祥のものらしく、出品者が予め設定している「即決価格」で入札すればチマチマ競る必要がないため、どうしても欲しい商品の場合には有効な手段のようです。出品者も許容範囲の価格なわけですしね。

で、その言葉だけを知ってウキウキで使い始めたメルカリ民がありえない交渉手段でこの「即決」を誤用しているのです。

「即決可能です★」という究極のおまゆう

メルカリはヤフオクのようなオークションと違って、値段が下がっても上がることはありません。したがってメルカリにおける即決とは他の購入者が価格交渉をする中、出品者の提示価格でスパッと購入する所謂「通常の購入」にあたると思います。

わたしも購入する際はスパッと買います。「即購入禁止!」とかいう頭湧いてるマイルールをゴリ押ししている出品者のせいで、それに怯えて値切らないのに「購入良いですか…?」とお伺いを立ててくる気の毒な購入者様も多いわけですが。

第一、ヤフオクにはシステムとして「即決購入」がありますが、メルカリにはそんなもんありません。メルカリ民の大好きな独自ルールです(笑)

さて、出品者の方なら一度はこんなコメントを頂いたことがあるのではないでしょうか?

「○○円で即決可能です」

初見では怒りや不快感より困惑しますよね。

例を挙げると、5,000円で出品している商品に対して

3,000円で即決可能です!」というコメントがくるシチュエーションです。

この場合は値下げ幅もさることながら、出品者に対して値下げをお願いしている立場でありながらなぜか上から目線であり、かつ購入者の脳内では3,000に値下げしてくれることが確定しているというなんとも不思議な交渉なのです。

「値下げさせた」という結果を先に確定させた因果逆転の汚えゲイボルグなのか。

「可能です」って…なんでお前がイニシアチブとってるんだよ。

不可能だよバカ。「不許可よ!」と言ってやりたいけど、この輩は相手にするだけ時間の無駄なのでブロック&コメント削除で安定です。

実生活でもネット上でもそうですが、自身の発言や行動が相手にどんな影響を与えるか、自分だったらどう感じるか、相手の気持ちをを全く考えられない愚かな人間が多すぎます。小学生ならまだ救いがありますが、これがmamaとかママとかMA♡MAみたいないい歳した人間のやってることなんですよね…

どうかメルカリのコメントに「即決」と書き込んだ人間のスマートフォンが壊れますように。「即決可能マン」に制裁を。


図々しいから愛される人脈術

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。