メルカリ出品者における「いいね」の価値とは?

こんにちは、どれいです。

なにかとお騒がせなフリマアプリさん。自衛のためにも売上金が一万円超えたらすぐに振込申請したほうがよいかもしれませんね。新しいアイコンもミニマリズムこじらせてちょっとキモいかな?もう慣れたけど。

さて、今回はメルカリの「いいね」システムについて思ったことを少し書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

「いいね禁止!」の気持ちは少しだけわかる

この「いいね」機能はいわゆるブックマーク機能です。気になった商品を後でまたチェックしやすくするためのものですね。主に購入者向けの機能でしょう。

で、「いいね禁止!」「買う気のないいいねは迷惑です!」と名前欄やプロフィールで発狂してる出品者がよくいるのですが、みかけたことはありませんか?なんでこの人達が怒っているのかというと「いいね」がたくさんついて購入されるのを期待するものの、サッパリ売れなくてカリカリしてるからなんです。もしくは通知をオフにできることを知らなくて、いちいちスマートフォンに通知がくるのが鬱陶しいのかもしれません。

気持ちがは少しだけわかります。「いいね」がたくさんついてもいつまでたっても売れないのはちょっと不満ですもん。でも、あくまで購入者のブックマーク機能なので、出品者側が「禁止」するのはお門違いです。

出品者にとっての「いいね」の価値

私の経験上、売れる商品は「いいね」が1、2個つく間にスパッと売れます。逆に「いいね」が10個以上つくと長丁場になります。売れた後の「いいね」の数は以下の3通りで変化します。

あきらめて「いいね」を外す

基本的には買いたい人達ためのブックマーク機能なので、他者に買われてしまった後は自然と興味を失くし、「いいね」を外す流れになります。

相場チェックのために「いいね」を残す

該当の商品は売れてしまったものの、同商品の相場チェックのためにあえて残している人もいます。

「いいね」をつけたこと自体忘れている

とりあえずチェックしたものの、その後みることはなく、そもそもメルカリ自体辞めているのかもしれません。

この間買い替えで出品していた中古パソコンが売れました。出品してから二ヶ月あまり。「いいね」が20個以上ついていたので長丁場を覚悟していた割には短期間で売れてくれました。ありがたい。

売れた時の「いいね」は25でした。そして二週間ほど経ってからチェックしたところ、「いいね」の減少は21までにとどまっていました。つまり売り切れてからあきらめてチェックを外したのは4人程度だったことになります。

「いいね」を残した21人の中にも相場チェックの為にあえて残している方もいるかと思いますが、それは半分もいないでしょう。つまり、「いいね」をしたユーザーの中で、その後も商品に注目してくれているのは多くても3割程度なのではないかと思います。

出品者は「いいね」を気にするな

以上のことから出品者は「いいね」に期待しても仕方ないです。「いいね」が多くても売れなくて困っている方は思い切って再出品してみましょう。検索上位にくることによって多くの人の目に留まり、スパッと売れるかもしれません。


【Amazon.co.jp 限定】 大塚食品 クリスタルガイザー エコポコボトル 500ml ×40本 [正規輸入品]


人生がときめく片づけの魔法

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。